読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで思ったことを書いてみた

本を読みまくってインプットとアウトプットのサイクルを回しまくると自己成長して幸福感に満ち溢れた毎日を暮らせる。常に成長し続けよう。本を読み、ブログに書く。読んで書く。江戸時代に寺子屋で読み書きは広く庶民の子供に教えられた。現代でも学校では読み書きが圧倒的に多く行われている。俺自身、文章力はある方ではない。スラスラと文章が書けるわけではないし、人を引き付けるような文章も書けない。本を読みまくって文章を書きまくる。この作業を続けて文章力を高めよう。ひいては、他人を楽しませるような面白い人間にもなりたい。他者貢献できるような。嫉妬されるような人間にもなりたいな。嫉妬を回避する方法はひたすら自分を馬鹿に見せる。基本的には馬鹿だけど、やることはちゃんとやる。下に見せておいてヘラヘラしながら実は仕事になるとプロ意識を持ってテキパキ動く。テキパキ動くと試行錯誤が繰り返されて結果も出てくる。他人に承認される。承認欲求は人間の欲の中でも大きい。人間の三大欲求は食欲、性欲、睡眠欲だが、承認欲求は4つ目の欲としてとてもデカイ。社会的報酬よりも金銭的報酬を獲得したいという人間の欲は低い。他人に貢献して賞賛されることが金銭を得ることよりも目的とされることが多い。最たるものかボランティアだ。ボランティア活動がこの世に存在するのは、社会的報酬が金銭的報酬よりも皆に必要とされるから。ボランティアを俺はあまりやらないが、ボランティアをやって社会的な報酬を得ると、充実した生を送れる。